衣装① おみくじ太夫/デザイン画
衣装② 逢初桜太夫/デザイン画
衣装③ 千束太夫/デザイン画
衣装④ 八朔太夫/デザイン画
fifi oiran fashion show vol.3
□ 2014年4月6日
□ 東京都台東区・吉原弁財天
□ 企画・演出・デザイン・振付け/船井伊智子
■ 内容
「いちげんさん」
過去の吉原と未来の吉原の姿をモチーフに置きながら、吉原の人々と fifi の関係性をファッションショーとして語る。吉原で築いた三年間の経緯とこれからの未来をファッションへと変貌させ、アリアンヌ・デュテールという絶対的な他者の介入により、他者がより近い存在になる。ドキュメントを歌舞伎にする­のと同じようにそこで事件が起こる。

衣装①おみくじ太夫・・・fifiが吉原弁財天の花魁ファッションショーにて2012­年に初めて発表したコレクションのオマージュ。震災の供養を込めて神聖な衣装紙の衣を­纏い舞を奉納。

衣装②逢初桜太夫・・・fifiが吉原弁財天の花魁ファッションショーにて2013年­に発表したコレクションのオマージュ。逢初桜が100年ぶりに咲いたことを記念して街­の方々とワークショップをとおして和紙で沢山の桜を折り制作した。

衣装③千束太夫・・・現在の千束の街と以前の吉原の街を融合させたファッションの展開­。今と昔の吉原を切り絵の表現を使い前帯というボックスにおさめる。

衣装④八朔太夫・・・清らかな白無垢を着ることのできなかった時代は終わり新しい未来­の花魁ファッション。八朔の日の衣装のオマージュである。
Facebook
Twitter
Instagram
Tumblr
You Tube
Portfolio